5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

完璧なスタイル


d0036747_1446266.jpg
休みの日にはうちでのんびりしていたい、と思うけれど、
子どもの用事で出かけることがほとんど。
のってぃとしぇてぃの用事はほとんどが買い物。
ゴン太郎につきあうのは、体験イベントが多い。

先週末は、しぇてぃにせがまれて近くの大型ショッピングモールに行った。

プリクラを撮る、というしぇてぃと友達と別れ、
自分の用事を済ませて待ち合わせの場所に少し早めに着いた。

空いているベンチに腰を下ろして待つ間、
見るともなしに周りを見ていると、
ちょっと離れたところに長蛇の列が出来ている。

並んでいる人たちは例外なく小さな子どもを連れた
若夫婦やおじいちゃんおばあちゃんたち。

列の先頭を見ると、そろいのジャンパーを着た人たちが、
一生懸命風船を膨らませている。
可愛らしい動物にプラスティックの車輪がついていて、
ひもを引っ張って動かすようになっている。
休日のイベントで無料配布されるらしい。

そういえばさっきここを通ったときも人がたくさんいた。
「1時間待ちだってよ。」と声高に話している人がいたっけ。

小さな子ども連れで1時間待つのは大変だろうな、
と思いながら見るうち、列が動き出した。
プレゼントが始まったのだ。

やっと歩けるくらいの子どもがひもを握って
ヨチヨチ歩いていく様子は本当に可愛い。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんの分まで風船をもらっている若夫婦は、
小さい頃から兄弟を平等に扱おう、という子育ての方針なんだろうな。
風船くらいならいいけど、大きくなってゲームなんか欲しがるようになったら、
絶対平等も大変なんだけどな。

そんなことまで考えながら見ていると、
風船をもらった家族で混雑する中から、
一人の男性が人をかきわけるようにして姿を現した。

すらりとした長身の頭は、ビシーーッと整えられ、
遠くからでもくし目がはっきり分かるほど。
後れ毛はひとすじもない。
まるでプラスティックで出来ているかのような、
つやつやのリーゼントだ。

そして、彼の身を包んでいるのは、
細いピンストライプの黒のコート。
くるぶしに届きそうなほど長い。

さらに足元からは白いエナメルの靴が
チラチラと光を反射している。

まるで、「すぐそこで仁侠映画のロケをやってまして」
といういでたちなのだ。

いや、本物かな?

目を合わせるとヤバイ可能性大、
だが、彼のリーゼントのあまりの完璧さに、
私は目が釘付けになっていた。

しかし本物の方であれば、
肩でさっそうと風を切って歩くはずだが、
リーゼント氏の歩みはなぜかゆっくりだ。

そのとき、ピンストライプのコートのすそから
ピンクの服を着た小さな体がのぞいた。

バンビのついた風船を、大事そうに両手に握り締め、
ゆっくりゆっくり歩いているところを見ると、1歳くらいかな?

リーゼント氏は、娘のおぼつかない歩みを体でかばい、
同時に鋭い視線で周囲の人々を威嚇しながら
通り道を確保していたのだ。

リーゼント氏は、娘と二人でゆっくりゆっくり人ごみの中に消えていった。
その後頭部はやはり、見事なまでに左右の髪がなでつけられ、
一直線を描いて真ん中で合わさっていた。

ちなみにリーゼントという言葉の由来をご存知でしたか?
ロンドンのRegent Streetのゆるやかなカーブに似ているので
この名前がついたのだそうです。
1930年代にさかのぼるそうなので、結構古くからある髪型なんですね。

*今日は、入試関係の行事でお弁当はお休みです
[PR]
by antmama-kei | 2007-02-01 12:38 | 日々のつぶやき