5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

あっという間に春休み

d0036747_17281626.jpg
小学校の卒業式が終わりました。

卒業を祝う会での思い出回想のコーナーで、
役員さんたちに協力してもらって1年生から6年生までの写真を集め、
運動会で子ども達が踊った曲を集めて、パワーポイントのプレゼンをしました。

写真を集めるのに意外にてこずったのと、
「私が作る!」と言いながら、実はパワポのプレゼンは生まれて初めて(*゜.゜)ゞ
という度胸一本!バッチコイ!状態が予想通り災いして、
卒業式前日は、夫とのってぃまでまきこんでの大騒動となりました。

当日、機材の調子が悪くてあせりましたが、なんとかプレゼン成功!
よかったよぉ~(TT▽TT)ダァー

 それにしても5年前ののってぃの卒業式に比べると、
今回の卒業式は演出が凝っていて、
呼びかけあり、歌あり、ハミングあり、先生方の歌まであり、
不覚にも何回も涙がこぼれそうになりました。

そしてもう一つ心揺さぶられたのは、校長先生のお話でした。
実は、保護者の前ではほとんどお話をされない校長先生で、
ずっとそれが不思議だったのですが、
卒業証書を読み上げる先生の声、
初めて聞く校長先生の声はかすれて聞き取りづらいのです。
「先生、風邪引いちゃったのかしら?」といぶかしく思っていると、
祝辞を読み上げる先生の言葉の中に、
「実は昨年の9月に私はガンを宣告されました。手術をしてこんな声になりました。」
とのお話が。

「ガンを宣告されたことは、私にとっては大変なショックでした。
 そしてこんな声になってしまったことで、とても気持ちが落ち込みました。
 でもある人に、『あなたの声だからこそ人に伝えられることがある』と言われ、
 気持ちが前向きになりました。
 誰にでもその人にしか出来ない役割があります。
 君たちも、君たちにしかできない役割を見つけてください。」

かすれた声をふりしぼって一生懸命語りかける校長先生のお話は、
子ども達の心にも何かを残してくれたのではないかと思います。

気づけば、もう2週間もブログをほったらかしてました。
これでもか、これでもかとばかりに用事が押し寄せてきましたが、
それなりに一つずつこなしていくことができています。
疲れがないとは言えませんが、こんな風に過ごしていけることが本当に嬉しい、
と思います。

3月いっぱいは留守にしますので、またしばらくお休みします。
4月になったら戻ってきますので、どうぞまたおつきあい下さいね。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!
[PR]
by antmama-kei | 2007-03-23 17:37 | 日々のつぶやき