5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

正義の心を・・

d0036747_14313679.jpg

我が家では、いつもご飯は圧力鍋で炊き、炊飯ジャーで保温する。

圧力鍋は今を去ること21年前に、結婚祝いにもらったもの。
外側をきれいにこすることはほとんどないし、
パッキンもあまり頻繁には代えていない(本当は年に1回交換が目安)
きれいに洗い上げることだけに命をかけている姑に、
ステンレスたわしでガシガシこすりまくられるおかげで
(これはぜひやめていだたきたい、と何回かお願いしているが・・・)
内側は傷だらけである。
そんな老体?にムチ打って圧力鍋くんが炊くご飯は、
いつももったいないくらいモチッとふっくらと仕上がる。
箸をつけるとき、思わず感謝の涙がほとばしるほどだ(とか言ってみたり)

そんなご飯をジャーに移すとき、
内釜に前のご飯がちょっとだけ残っているとする。

さあ、あなたならどうしますか?

私は、残りご飯をいったん取り出し、
新しいご飯を入れた上に、前のご飯を入れる。
残りご飯をおにぎりにして冷凍することもある。
保温してあるご飯は、まずくなっているわけではないが、
炊き立てとはやはり香りも風味も違う。
前のご飯から片付けたい、これってごく普通の感情だよねぇ。

が、
しかし、

そういうことには一切頓着しない人が我が家に一人。

姑さまですか?とピンときたあなた、大正解~♪

そもそも我が姑さまは、ジャーがカラッポになる前に
ご飯を炊くこと自体が大嫌い。
使いかけでちょっと残っているものは、
使い切ってしまうことが彼女の何よりの楽しみなので、
ジャーのご飯を食べきってカラッポにするためには、
「な~ん、炊かんちゃよかたい。ご飯が足らんなら、パンを食べるたい。」
と、マーボ豆腐にでもサバの塩焼きにでも
パンを主食にしてしまう人なのだ。

だから、残りご飯を出して、新しいご飯を入れるなんていう
面倒な作業をするのは大嫌い。
さらには、
「ご飯は保温しておくと、でんぷんがアルファやらベータやらになって
 だいぎゃ体によかてだけん。」
という不思議な信仰を持っていらっしゃるので、
残りご飯を内釜から出したりなんかしない。

新しいご飯は、前のご飯が残った内釜にそのまま投入。

そう、ご飯は

パイルダーオン!

ああ、どこからともなく聞こえてくるこのメロディは・・・マジンガーZ?!

♪マジンガーZ♪
歌/水木一郎 作詞/東文彦 作曲/渡辺宙明

空にそびえる くろがねの城 
スーパーロボット マジンガーZ
無敵の力は ぼくらのために 
正義の心を パイルダー・オン
とばせ鉄拳 ロケットパンチ 
今だ だすんだ ブレストファイアー
マジンゴー マジンゴー マジンガーZ


今日からうちの姑を「マジか~?Z」と呼んでもかまわないかも、
という気分にさせてくれるこの歌が
このところ私の頭から離れない。
ご飯を継ぎ足す姑の手元に向かって
「パイルダーオン!!」と叫びたくなる私の心は、

相当病んでいる-かなぁ、やっぱり(笑)
[PR]
by antmama-kei | 2007-12-13 14:55 | 日々のつぶやき