5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

大漁♪

d0036747_11574597.jpg
今日は大潮。
義弟が誘ってくれたので、息子と潮干狩りに出かけてきた。

行き先は、潮の混じった温泉が出ることで知られる海岸。

夫が海へ行くことを好まないので、
子ども達を海へ連れて行くことはほとんどない。
昨年夏、家族で初めて海水浴に行ったときにも、
夫は「暑いのはキライだ」と、かたくなに海に入ろうとせず、
日陰でビールを飲んでいた。

息子は海の生き物が大好き。
幼稚園の頃からの愛読書は、図鑑「水の生き物」である。
昨年も義弟が誘ってくれて、初めて潮干狩りに連れて行った。
息子は大喜び、アサリはそっちのけで、干潟のカニを獲るわ獲るわ・・

「ウチで飼うの」と言い張るので、
海水の素とザリガニのエサを買って、1ヶ月ほど生き延びさせた。

今年も息子はやる気まんまん。
娘達は「日焼けするから」とついてきてくれない。
また二人で行くのかなぁ、重い荷物を抱えて干潟を歩くのかなぁ
とちょっと憂鬱になっていたら、

「一緒に行こうか?」
どういう風の吹き回しか、夫もついてきてくれるという。

海岸で大潮のときを待つ。
やがて、潮が引き始め、あたり一面あっという間に干潟になった。
爽やかな風が吹いて、陽射しは暑すぎず、絶好の潮干狩り日和。

息子は大きな声をあげながら、カニを追い回している。
「あっ!ここにもおる!こら、待て!よし!つかまえた!」

夢中でカニをつかまえている息子のそばで、
目にもとまらぬ速さで、カニに手を伸ばす大きな人影・・

え?お父さん?

かすかな水面の動きを見逃さず、大物も小物もお構いナシに
次々とつかまえては、バケツに放り込む。
な~るほど、これがやりたかったワケね。

小さな子どもと大きな子どものおかげで、
バケツはカニであふれんばかりになった。

母は、入漁料の元を取るべく、アサリ掘りに精魂を傾けた。
三人分のネットが破れるほど大量になったアサリは今、
明日の夜からの出番を待って、ピュンピュンと潮を吹いている。

 -ちょっと欲張りすぎました(^^ゞ
   一人2キロまでって入り口に書いてあったのに、
   どうみても、三人分で10キロ以上ある・・・・
   一番燃えていたのは、実は私かもしれません、ハハ・・
[PR]
by antmama-kei | 2005-06-05 18:35 | 日々のつぶやき