5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:日々のつぶやき( 109 )

しぇてぃの同窓会

d0036747_1717957.jpg
kids母さんが声をかけてくれて、
しぇてぃが卒園した幼稚園の同窓会が6年ぶりに実現しました。

6年ぶりに会う子ども達は(当たり前だが)みんな大きくなっていたものの
(さらに当たり前だが)面影はしっかり残っていました。

「幼稚園のことはな~んにも覚えてない」と言い切るしぇてぃ。
ほかの女の子達も同様と見えて、
女の子同士は話をするでもなく、なんだか居心地わるそう。

それに比べて男の子達は、すぐにうちとけ、屈託なくふざけあい、楽しそう。
い、いや、幼稚園の頃から成長してない、とかそういうことではないですけどね(汗)

幼かった日々のおゆうぎやクリスマス劇をkids母さんが編集してくれたものを
みんなで楽しみましたが、
いや、楽しかったのは親と先生だけだったかなぁ(苦笑)

退職されたN先生もかけつけてくださったし、
同じく退職されたT先生は先月ご結婚とのことで写真とメッセージをいただきました。
そして、長年幼稚園バスの運転手をしてくださっているT先生が、
趣味のカメラで写真を撮ってくださいました。
しぇてぃたちと時を同じくして幼稚園を退職されたB先生にも
写真をお送りしようと思います。

それにしても、あと3年したら、男の子達もこんなに無邪気に遊んだりはしないんだろうなぁ。
時の流れの重みをふと思いました。

*今日もお弁当がありましたが、弟にもらったデジカメの画像を取り込むのにトラブってます。
 お弁当エントリーはまた明日にでも~

[PR]
by antmama-kei | 2007-04-12 17:19 | 日々のつぶやき

ようやく・・・

d0036747_16592690.jpg

なんとか動けるようになりました(´▽`) ホッ
とりあえず、なので出力100%とまでは行きませんが(笑)

高熱と体の痛みに加え、タミフルの副作用かお腹までこわしまして、
心なしか腹部が平らになったような?!
期待しながら体重計に乗りましたが、大して減ってない・・
あんなにきつい思いをしたのにぃぃ-ってそれは趣旨が違うか。

ぼちぼち回復していきますので、またおつきあいくださいませ。
コメントくださってるみなさま、いつもありがとうございます。
お返事、もう少しお待ちくださいね。ごめんなさい。

写真は、かたくり群生地(岐阜県美濃加茂市)です。
森の妖精という言葉に似つかわしい、春の日差しがよく似合う場所でした。
[PR]
by antmama-kei | 2007-04-05 17:03 | 日々のつぶやき

あっという間に春休み

d0036747_17281626.jpg
小学校の卒業式が終わりました。

卒業を祝う会での思い出回想のコーナーで、
役員さんたちに協力してもらって1年生から6年生までの写真を集め、
運動会で子ども達が踊った曲を集めて、パワーポイントのプレゼンをしました。

写真を集めるのに意外にてこずったのと、
「私が作る!」と言いながら、実はパワポのプレゼンは生まれて初めて(*゜.゜)ゞ
という度胸一本!バッチコイ!状態が予想通り災いして、
卒業式前日は、夫とのってぃまでまきこんでの大騒動となりました。

当日、機材の調子が悪くてあせりましたが、なんとかプレゼン成功!
よかったよぉ~(TT▽TT)ダァー

 それにしても5年前ののってぃの卒業式に比べると、
今回の卒業式は演出が凝っていて、
呼びかけあり、歌あり、ハミングあり、先生方の歌まであり、
不覚にも何回も涙がこぼれそうになりました。

そしてもう一つ心揺さぶられたのは、校長先生のお話でした。
実は、保護者の前ではほとんどお話をされない校長先生で、
ずっとそれが不思議だったのですが、
卒業証書を読み上げる先生の声、
初めて聞く校長先生の声はかすれて聞き取りづらいのです。
「先生、風邪引いちゃったのかしら?」といぶかしく思っていると、
祝辞を読み上げる先生の言葉の中に、
「実は昨年の9月に私はガンを宣告されました。手術をしてこんな声になりました。」
とのお話が。

「ガンを宣告されたことは、私にとっては大変なショックでした。
 そしてこんな声になってしまったことで、とても気持ちが落ち込みました。
 でもある人に、『あなたの声だからこそ人に伝えられることがある』と言われ、
 気持ちが前向きになりました。
 誰にでもその人にしか出来ない役割があります。
 君たちも、君たちにしかできない役割を見つけてください。」

かすれた声をふりしぼって一生懸命語りかける校長先生のお話は、
子ども達の心にも何かを残してくれたのではないかと思います。

気づけば、もう2週間もブログをほったらかしてました。
これでもか、これでもかとばかりに用事が押し寄せてきましたが、
それなりに一つずつこなしていくことができています。
疲れがないとは言えませんが、こんな風に過ごしていけることが本当に嬉しい、
と思います。

3月いっぱいは留守にしますので、またしばらくお休みします。
4月になったら戻ってきますので、どうぞまたおつきあい下さいね。
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!
[PR]
by antmama-kei | 2007-03-23 17:37 | 日々のつぶやき

いそがしぃぃぃぃぃ

いくつもの用事が重なってしまってパンク寸前の自転車操業な毎日です。
明日は大きなイベントの司会を頼まれているのですが、
原稿がまだ頭に納まってくれないっ!しかも飛び入りゲストの連絡が昨日来たっ!!

という状態なので、しばらく更新もままならないかも。
皆様のところへは遊びに行きたいんですが、
読み逃げ専門になるかもしれません(滝汗)

ということで、しばらくぼちぼちブログになりますのでご容赦ください(_ _(--;(_ _(--;
[PR]
by antmama-kei | 2007-03-10 15:35 | 日々のつぶやき

満開です

d0036747_1716369.jpg
色んな用事が一度に押し寄せてバタバタですが、花を見るとほっとしますね。
昨日は夏日でしたが、今日はうってかわって肌寒い一日になりました。
桜がもちそうで嬉しいな♪

土曜日は、しぇてぃの部活の最後の校内大会。
昨日は水泳の県内大会(もちろん室内)、これも小学校最後の大会でした。

背泳のタイムがだいぶあがって、組別では一着に。
種目別では半分より下のタイムでしたが、
「最後に一着になれて嬉しい」としぇてぃは大変喜んでいました。

卒業まであと約3週間。
次々に『小学校最後』の行事を終えて、
しぇてぃ達はそれぞれの進路に進学していくわけです。

忙しいけど、なんか感無量。
卒業式、タオルが要るかなぁ・・・
[PR]
by antmama-kei | 2007-03-05 17:16 | 日々のつぶやき

今冬最後のおでん

d0036747_12193369.jpg
今朝は思い切り寝坊しました。
早朝のセミナーに出て行く舅の気配に目覚めたものの、
「もう少し」と寝直したのがいけませんでした。

目覚めたとき、時計の針はきっかり7時を指していました。
オーマイガッ!!

私の叫び声で一緒に飛び起きた夫、
第一声は力強く「のってぃはボクが送るから」
待ってました、と言わんばかりの夫に、

 のってぃはチャリでも十分間に合います、
 小学生が間に合わないんだよ~~

と心の中で叫びつつ、エンジン全開!

春眠暁を覚えず、いやはや、もうホントに春ですね。

寝坊ショックを口実にのため、お弁当はさぼりました。
写真は、恐らく今冬最後になると思われるおでん、今日の夕食です。
初めて手羽先を入れてみました、楽しみ~♪
焼酎がいちだんと美味しくいただけることが期待されます←ボカッ!
[PR]
by antmama-kei | 2007-02-15 12:20 | 日々のつぶやき

恥ずかしいの基準

仲良し主婦何人かでランチしてたときのこと。
なぜか歯医者さんの話題になった。

どこの歯医者が子どもを診るのが上手、
とか
待ち時間が少ない、とか
あんまり痛くない、
などと情報交換しているうち、誰かが

「そういえば、Yさんのところって歯医者さんよねぇ。
 Yさんとこってどうなの?」

と尋ねた。

「さぁ?」

全員がいっせいに首をかしげる。

「え?みんな行ったことないの?」
「子どもは連れて行ってもいいかな、って思うけど
 自分も診てもらうときは、知り合いのところは嫌よね。」
「そうだよねー友達のだんなさんに口の中を見られるって
 すごく恥ずかしいよねー」

どんなに丁寧にブラッシングしていったって、
口のなかの汚れは残っている。
どの程度残っているかはしかし、自分にはよく分からない。
それを、ミラーを使ってすみずみまでじっくり見られたうえに、

「ここの部分、汚れ落としの詰めが甘い。
 そうか、こいつの弱点はここだっ!フフフ、もう勝ったも同然だ。
 やっ!ここの虫歯!これはまさしく甘いものを食べた後の
 手入れの悪さを証明している。
 さては、子どもに隠れてこっそり甘いものを食べ、
 ばれそうになって大慌てで磨いているなっ?!
 正体見たり!
 あとで妻のY子に、このことをしっかり報告しておかなくっちゃ♪」

なんて思われてるはずはないが、
生活すべてのアラがお日さまの下に引きずり出されるような気がする。

さらに、診察台に横になってぽかんと口を開けている自分の姿は、
なにをどう取り繕いようもない『まな板の上の鯉』状態。
化粧も補正下着も通用しない生身の自分がドデンとむき出しになっているはず。

 あ~だめ、そんなの私の美意識が許しませんことよ。

というわけで、
『友達のダンナに口の中を見られるのは、絶対に恥ずかしい』
という結論に、居合わせた全員が深く納得したのだった。

さて、私が最近経験したもう一つの恥ずかしいこと。
それは・・・

ホントに見たい?!
[PR]
by antmama-kei | 2007-02-02 20:07 | 日々のつぶやき

完璧なスタイル


d0036747_1446266.jpg
休みの日にはうちでのんびりしていたい、と思うけれど、
子どもの用事で出かけることがほとんど。
のってぃとしぇてぃの用事はほとんどが買い物。
ゴン太郎につきあうのは、体験イベントが多い。

先週末は、しぇてぃにせがまれて近くの大型ショッピングモールに行った。

プリクラを撮る、というしぇてぃと友達と別れ、
自分の用事を済ませて待ち合わせの場所に少し早めに着いた。

空いているベンチに腰を下ろして待つ間、
見るともなしに周りを見ていると、
ちょっと離れたところに長蛇の列が出来ている。

並んでいる人たちは例外なく小さな子どもを連れた
若夫婦やおじいちゃんおばあちゃんたち。

列の先頭を見ると、そろいのジャンパーを着た人たちが、
一生懸命風船を膨らませている。
可愛らしい動物にプラスティックの車輪がついていて、
ひもを引っ張って動かすようになっている。
休日のイベントで無料配布されるらしい。

そういえばさっきここを通ったときも人がたくさんいた。
「1時間待ちだってよ。」と声高に話している人がいたっけ。

小さな子ども連れで1時間待つのは大変だろうな、
と思いながら見るうち、列が動き出した。
プレゼントが始まったのだ。

やっと歩けるくらいの子どもがひもを握って
ヨチヨチ歩いていく様子は本当に可愛い。

ベビーカーに乗っている赤ちゃんの分まで風船をもらっている若夫婦は、
小さい頃から兄弟を平等に扱おう、という子育ての方針なんだろうな。
風船くらいならいいけど、大きくなってゲームなんか欲しがるようになったら、
絶対平等も大変なんだけどな。

そんなことまで考えながら見ていると、
風船をもらった家族で混雑する中から、
一人の男性が人をかきわけるようにして姿を現した。

すらりとした長身の頭は、ビシーーッと整えられ、
遠くからでもくし目がはっきり分かるほど。
後れ毛はひとすじもない。
まるでプラスティックで出来ているかのような、
つやつやのリーゼントだ。

そして、彼の身を包んでいるのは、
細いピンストライプの黒のコート。
くるぶしに届きそうなほど長い。

さらに足元からは白いエナメルの靴が
チラチラと光を反射している。

まるで、「すぐそこで仁侠映画のロケをやってまして」
といういでたちなのだ。

いや、本物かな?

目を合わせるとヤバイ可能性大、
だが、彼のリーゼントのあまりの完璧さに、
私は目が釘付けになっていた。

しかし本物の方であれば、
肩でさっそうと風を切って歩くはずだが、
リーゼント氏の歩みはなぜかゆっくりだ。

そのとき、ピンストライプのコートのすそから
ピンクの服を着た小さな体がのぞいた。

バンビのついた風船を、大事そうに両手に握り締め、
ゆっくりゆっくり歩いているところを見ると、1歳くらいかな?

リーゼント氏は、娘のおぼつかない歩みを体でかばい、
同時に鋭い視線で周囲の人々を威嚇しながら
通り道を確保していたのだ。

リーゼント氏は、娘と二人でゆっくりゆっくり人ごみの中に消えていった。
その後頭部はやはり、見事なまでに左右の髪がなでつけられ、
一直線を描いて真ん中で合わさっていた。

ちなみにリーゼントという言葉の由来をご存知でしたか?
ロンドンのRegent Streetのゆるやかなカーブに似ているので
この名前がついたのだそうです。
1930年代にさかのぼるそうなので、結構古くからある髪型なんですね。

*今日は、入試関係の行事でお弁当はお休みです
[PR]
by antmama-kei | 2007-02-01 12:38 | 日々のつぶやき

とりあえず決着

皆様、温かい励ましを本当にありがとうございました。

本人を交えて先生と話し合った結果、
「自分でできるだけのことをしてみる」という本人の気持ちを尊重し、
大人は見守ることになりました。

友人に間に入ってもらって、関わった人たちと話し合いをしたそうです。
とりあえず第一段階はクリアしたかな、と思います。
子どもの勇気と行動力はすごい、と思いました。

これですべて終了、というわけにはいかないと思います。
今回の件に限らず、いじめの事情はそんなに単純ではないし、
子どもにも言いましたが、
「人はそんなに簡単には変わらない」ものです。

子ども自身、これからどうするかについてよく考えているようです。
親は見守ることしかできませんが、
困ったときには差し伸べた手を受け入れてくれる関係でいたい、
と心から願っています。
[PR]
by antmama-kei | 2007-01-24 17:36 | 日々のつぶやき

しばらくお休みします

子どもが学校で、理不尽ないじめを受けていることが分かりました。
悩みましたが、先ほど担任にメールを送ったところです。

「先生には絶対に言わないで」と子どもは言うと思います。
でも、
母として、一人の人間として、
我が子のうけた仕打ちは許せません。

子どもとともに、私も闘う覚悟を決めました。

そんなわけで、しばらくお休みさせていただきます。
出来るだけ早く戻ってこられるよう、頑張ります。
[PR]
by antmama-kei | 2007-01-19 16:42 | 日々のつぶやき