5時起きでのお弁当生活、春から新たなステージへ!!


by antmama-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またまたおさぼり・・

気づけば2週間もほったらかしにしていたブログ(汗)・・・

ヤマは越えたはずなのにねぇ。
なんだか相変わらずバタバタです。

このところ飛び込みの仕事が増えてきて、
右から左に受け流すのに必死な毎日。
今週初めには、90分授業を3コマ連続、というのをやり、
そのあと1時間あけてもう1コマやったら、
のどをやられました。

 演劇部だったのに。
 腹式の発声は得意だったはずなのに。

コンピューター教室は、声が通りにくいのです。
壁や床に吸収されていく気がします。
で、つい声を張り上げてしまったんですねぇ。

昨日は午前中に70分1コマ、午後から90分2コマ、
夕方から45分と60分というクラス構成でした。

明らかに自分の実力以上の仕事が次々舞い込んでいる感あり、ですが、
こんな風にハードルを高めに設定してもらえるのは、
ありがたいことだし、頑張り甲斐もあるというもの。

そんな私の最近のお気に入り・・
d0036747_2005663.jpg


クラスの前後には欠かせません。


にしても、そろそろネタを拾いたいなぁ・・・
[PR]
by antmama-kei | 2008-06-27 20:03 | 日々のつぶやき
朝から

英会話学校での70分の成人英会話クラスを一つ。


新年度、いまだに募集数が足りずに開講できないクラスの
モニターレッスンなので、チョー気を使う。


終了後、担当者と話していたら、時間が迫ってきて、
慌てて持参したお弁当を流し込んで、
車に飛び乗って、次のクラスへ。


ぎりぎりセーフで到着した次のクラスは大学院。
90分を立て続けに二コマ。



なんか今日のクラスはパッとしなかったなぁ。
などと反省しつつハンドルを握り、
事務所に帰って、お茶とお菓子で一服・・・しながら次のクラスの準備。
Hくんは今日もワークブックばかりやりたがって
ちょっとムカつきつつもあの手この手でノセる。
あっさりノッてくれるんだけど、毎度のことながら手がかかる子じゃ。




で、あと20分後にスタートする今日最後のクラス準備をしつつ、
こんなことして現実逃避をはかっているわけですけれども・・・







ねむ~




昨日も一昨日もレッスン準備であんまり寝てないし



あ~そろそろ限界だ。





などと思いつつも、生徒の前に出ると人格豹変するんですな、これが。
思い切りハイテンションで、
「のってるか~い(死語)」なノリのおばさん先生。
でもって、その後の反動が結構どーんと来ますね。
思いっきり山にかけ登った後は、谷底に急降下、みたいな。

年だから・・・( ┰_┰) シクシク

それでも毎日やっていられるのは、
やっぱり教えることが楽しい-のかなぁ。
[PR]
by antmama-kei | 2008-06-12 19:41 | 日々のつぶやき

運動会

d0036747_19243152.jpg


昨年は周囲の期待を裏切って?まさかの徒競走1位を獲得したゴン太郎。

今年の運動会は、親も子も昨年以上に力が入る。
高学年の仲間入りをして、準備の分担や、
当日の仕事もこなさなければならないゴン太郎は、
口では「めんどくさいなぁ。大変だなぁ。」と言いながらも、
まんざらでもなさそうだ。
そんなゴン太郎の成長を見るのも楽しみな運動会、
になるはずだった。


が、


あろうことか、運動会前々日の夜中に突然、噴水のように吐いてしまったゴン太郎。
しばらく前から咳や鼻水が出ていたので
大したことにならなければいいが、と思ってはいたのだ。
病院へ連れて行くと、
「気管の音は大したことはありませんが、安静にしておいたほうがいいでしょう。」とのこと。
「実は明日が運動会で・・」と言うと、
先生は「うーん」と腕組みをして
「あんまり一生懸命走らないようにね。」とゴン太郎の肩をポンと叩いたのだった。

運動会前日に休んでしまったゴン太郎に、
夕方、友達がメッセージカードを持ってきてくれた。

「明日の運動会来てね」
「大丈夫ですか?」とか
「早く元気になって笑わせてね!!」というメッセージがあるところを見ると、
(はーちゃんからです)
ゴン太郎も結構クラスの中に溶け込んでいるらしいな、
などと苦笑しつつ見ていたら、
クラスで一番体格がいいIくんからもメッセージがあった。

小学校に入学したときから、
背の高さも、体の横幅も群を抜いていたIくんは、
動作もしゃべり方も鷹揚で、どこなくのんびりとしている。
そのIくん、実は今年の学年競技では期待の星なのだ。

何本かの竹ざおを赤白のチームが引っ張り合い、
自分たちの陣地にたくさん持ち込んだほうが勝ち、
というこの競技で、
「Iくんが引っ張るとね、すぅって竹が動くんだよ。」
とゴン太郎が言うように、
彼の、クラスメートをはるかに凌駕する体重で、
何本もの竹がこちらの組に引っ張ってこられるのだ。

Iくんのメッセージには
「もしあしたこれなくても、竹取りでは負けないので
早く元気になってね。」とあった。

想像だけれど、Iくんにとって、
自分が同級生より体重が重いことは、
決して嬉しいことばかりではなかったはずだ。
恐らくはからかわれたりすることもあったのではないだろうか。
しかし、その自分の体重のおかげで、
今回みんなに期待され、活躍できることはきっと、
Iくんにはものすごく嬉しいことなんじゃないかなぁ。
うんうん、よかったよねぇ、Iくん。

そう思いながら、もういちどIくんのメッセージに目をやると、
最初のところに力強くこんな言葉が書いてあるのが目に留まった。

「だいじょうぶ。」




「。(マル)」?!









ゴン太郎の健康状態を断定?!



結局、無事に運動会に出場できたゴン太郎の
今年の順位は3位でした。
来年はいよいよ小学校最後の運動会だ・・・
[PR]
by antmama-kei | 2008-06-06 19:51 | 日々のつぶやき

うちのジョシダイセイズ

d0036747_19341198.jpg


のってぃが大学に入って、
この春から我が家の女子大生が二人に増えた。

 はい、もう一人はもちろんアタシよ、ア・タ・シ♪

白髪があっても、
そろそろ真剣に老眼鏡が安い店を探していても、
ジョシはジョシ、大学に行っているんだから、
「アタシは女子大生」とごり押しするおばさんも
なかなかかわゆくないですか?

 あ、自分で言うかって?

そんな厚顔な女子大生は置いといて、
新米女子大生は、入学して2ヶ月、
花の大学生活を謳歌しまくりの毎日。

つまり、

ちっとも帰ってこない。
家で夕食を食べる回数が激減。
出て行ったらどこで何してるのか不明。

楽しいだろうねぇ。
地獄の受験生活を乗り越えて手にした自由だもの。
存分に楽しみたいよねぇ。

だけど、


授業料払ってんだから、ちゃんと勉強しろや!


と、きっと私の親も思っていたんだろうな(爆)


そんな女子大生のってぃの入学式の日のこと。
四半世紀以上前の大学生活に思いをはせて、
感傷にひたる私の携帯がけたたましく鳴った。

「はい?」
「お母さんっ!!」

第一声からのってぃの声は緊迫していた。

どうしたんだ、何があった?!
忘れ物か?
違う学部の入学式に行っちゃったのか?
財布落としたのか?
あ、それともCIAに尾行されてるのかぁぁぁ???

一瞬のうちにいくつもの最悪の事態を
フル回転で思い浮かべる私は、
毎度のことながら、相当妄想入っている。


「どうしたのっっ?!」
「あのね、(と息を継いで)




スカートが破れた!!」




はい?



「スカートが破れちゃったんだよぉ、どうしよう~」



言いつのるのってぃの背後で、
友達がゲラゲラ笑う声が聞こえる。




「い、いや、なんでそんなことになるわけ?」
「ベンチをまたいだらさ、ベリッって言ってスカート破れた。」




ぱーどぅん??

ベンチをまたいだんですか?
タイトスカートで、ですか?
しかも、入学式用に新調したスーツで、ですか?
さらに言うなら、
リクルート用にも使い回す気満々で買ったスーツで、ですか?






「お母さん、どうしよう~~(泣)」




ガチャン!ツーツー


・・・・なんか、楽しいね、ジョシダイセイ生活って。
[PR]
by antmama-kei | 2008-06-05 19:56 | 日々のつぶやき